税理士は信用と正確さで決めたいです

税理士は信用が大事です。
信用されないと依頼は来ません。
どの職種でも信用されないとダメですが、税理士はお金の仕事ですから特に信用されるのが大切です。
信用できない税理士に依頼する事はあり得ないです。
信用できない税理士に依頼すると後々困った事にもなりかねません。
困るのは自分自身ですからね。
自分というより会社ですね。
それに安心度が違います。
信用の有無で安心できるのか心配になるのかが変わっていきます。
お金の事は会社では一番重要です。
どんな会社でもお金の管理はしっかりしていないといけません。
お金の管理を中途半端におこなっていて会社の経営が成り立つはずはありません。
税務作業は会社の経営の一つです。
会社の経営で税務作業を疎かにすることはあり得ないです。
疎かにはできないから真剣に取り組まないといけません。
真剣に取り組もうと思ってもできない事は多々あります。
税務を真剣におこなわないという事はないです。
真剣におこなっていても分からなかったらダメです。
間違いだらけの税務を他人は真剣と思うはずがないです。
「何を考えてるんだ!」と叱責されるだけです。
税務の事がほとんど分からないのに行うのは良くないです。
少しわかる程度というのもダメです。
税務は税理士など完全に分かるという人物がおこなうべきです。