エステサロンを開業する時の内訳

エステサロンは誰でも開業できる、自分がオーナーになれるチャンスと言えます。
ですから毎年、かなりの数のエステサロンが開業しています。
その開業資金のおおよその概算は、100万円ほどですが、内訳はどうなっているのでしょうか?
もちろんどのような条件下でエステサロンを開業するのかによって、必要となる資金が変わってくるので、内訳も変化してくるでしょう。
今回は、自宅にエステサロンを開業する時の、内訳を見てみましょう。

まずは家賃について考えなければなりませんが、自宅に開業する場合は、当然家賃は0円となります。
これが自宅を利用してエステサロンを開業する最大のメリットになるでしょう。
さらに自宅に開業しておけば、かりにビジネスが上手く行かなかったとしても、すぐに撤退でき、被害を少なくすることができるようになります。
さて内訳ですが、さらに内装は改装する必要があるため、内装費用として20万円ほどは考慮しておきましょう。
さて他には、エステ関連の機器の購入が必要になるでしょう。
これには10万円ほどを考えておけば良いでしょう。
その他には消耗品として10万円ほどです。