DVDは現役だと感じる日々

いろいろと新しいメディアが登場するため、その流れについていくのは大変ですよね。
特に、私のようにIT機器に詳しくない人は、新しい用語を見聞きするだけでも四苦八苦するかもしれません。
私は物持ちがよいため、最新の情報機器がなくても苦にならないのです。
そのため、DVDやBDという言葉は知っていても、CDとの見分けが付かずにいます。
実際、サイズは同じなので、見ただけでは区別できないと思います。
もちろん、DVDやBDは容量が大きいため重宝されるかもしれませんね。
それでもイメージしにくいのです。
ただ、映像を残すならDVD作成で十分とも聞いたことはあります。
もし、BD作成しても、それに対応できる機器がないと再生できないのですから。
これは、あくまでも一例ですが、それでもDVDは現役だと感じています。
むしろ、DVDの再生機器を持たない私にとって、DVD作成しても宝の持ち腐れかもしれません。
CDラジカセを購入する前にCDを購入した経験を持つ私ですから、DVDの場合にも通じるのではないでしょうか。
そうそう、友人から映画作品(DVD)をもらったことがありますが、再生できずに本棚の奥に眠っています。